メディア紹介情報
買取強化案件情報 金買取写メール査定 宅配キットについて お客様の声
goldaccessory1
goldaccessory2
選ばれる6つの理由

高額買取事例

金アクセサリー ネックレス 25万

買取価格 250,000円

[金アクセサリー ネックレス]

金アクセサリー 髪飾り 9万2千円

買取価格 92,000円

[金アクセサリー 髪飾り]

金アクセサリー リング 2万7千円

買取価格 27,000円

[金アクセサリー リング 2万7千円]

金アクセサリー ペンダントトップ 1万4千円

買取価格 14,000円

[金アクセサリー ペンダントトップ]

金アクセサリー ブレス 3万5千円

買取価格 35,000円

[金アクセサリー ブレス]

金アクセサリー ピアス 8千円

買取価格 8,000円

[金アクセサリー ピアス]

金アクセサリー バングル 5万8千円

買取価格 58,000円

[金アクセサリー バングル]

金アクセサリー ネックレス枠 1万5千円

買取価格 15,000円

[金アクセサリー ネックレス枠]

金アクセサリー ネックレストップ 2万1千円

買取価格 21,000円

[金アクセサリー ネックレストップ]

金アクセサリー チェーン 1万5千円

買取価格 15,000円

[金アクセサリー チェーン]

/
宅配保険が0円

銀座本店

【住所】 〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目12番17号錦光ビル4F

【電話番号】 03-6228-5343

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

大阪店

【住所】 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1丁目1番13号 東邦ビル3F

【電話番号】 06-6125-5551

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

渋谷店

【住所】 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-13第2小林ビル7階

【電話番号】 03-6805-0308

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

新宿店

【住所】 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-18-4

【電話番号】 03-5990-5878

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

選択できる3つのプラン

宅配買取サービスは、ご自宅でスムーズに手間なく買取する事が可能です。送料や手数料、買取キットなどは弊社で全てご負担させていただくので無料で、全国どのエリアでも買取が可能となります。他社の買取査定金額に納得いかなかった方はお気軽にご連絡下さい。

業界に熟練された鑑定士がお客様にお待ちいただく事がないように一品約5分程度でスピード査定を行います。スピードだけではなく、丁寧に一品ずつ査定を行い、適格な買取査定金額をご提示致します。買取査定金額に納得頂けた場合には、その場で現金をお支払致します。

業界に精通し信頼のある鑑定士がご指定されたご自宅で、査定・買取を行う出張買取サービスも行っています。お忙しくあまりお時間が取れない方や買取してほしい品物が多い方は電話を一本で出張買取が可能ですので、是非ご利用下さい。その際にかかかる手数料や査定料金は全て無料です。

自宅でできる、宅配買取の手順

簡単にお問い合わせフォームよりお申込みする事ができます。フリーダイヤルでお申込みをされる場合は、弊社スタッフが丁寧で分かりやすいようにご説明しますのでお気軽にご連絡下さい。
受付完了後に弊社より宅配キットをお送り致します。買取ご希望の品物を梱包して、運送会社や最寄のコンビニなどから、弊社までご発送して下さい。
宅配キットにてお送り頂いた、お客様の品物を経験と信頼のある弊社の鑑定士が一品一品丁寧に尚且つ、素早く査定させて頂きます。
買取査定が終わりましたら、お送りいただいた品物の買取査定金額などの査定結果を弊社スタッフよりご連絡します。買取査定金額に納得頂けた場合にはすぐにご指定のお振込み口座にご入金させて頂きます。

弊社では汚れや傷、破損しているお品物でも買取は可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。ただ状態の良し悪しで買取査定金額に差が出ますので、日頃よりメンテナスや保管方法を心掛けるだけで、買取価格はUPします。

 色がくすんでいる
 片方しかないピアス
 金歯
 急須
 喜平ネックレス
 金杯
 貴金属コイン
 傷がついている

お客様の声

宝石買取
プラチナ買取

アクセサリーについて

アクセサリーを身につけることは、今や女性にとってマナーとなりました。数十年前は、お化粧をしていることや、髪を染めていること、マニキュアを塗っていること、ネックレスやピアスなどのアクセサリーを身につけていること、これらの全ては社会人の女性にとってはマナー違反であり、これらのどれもを当時の女性達は社会に出た一人の大人として楽しむことを許されませんでした。しかし、現代社会においては、会社に行く時も、面接の時も、お化粧をしていなければいけません。髪が真っ黒よりは、少し茶色みがかっている方が明るい印象を与えるため、営業職に就く女性などが茶色く髪を染めることは快く受け入れられています。接客業につく女性達は、短い爪で何も施されていないような家庭的な爪より、ネイルアートがほどこされ手入れされた綺麗な手元が求められます。
ピアスやネックレスなどのアクセサリーは女性らしさを引き立て、働く女性達にとってなくてはならないものとなっています。このことは、女性の社会進出を物語る代表的な例です。
男性を立て、男性の下に就く、社会的に自由の少なかった時代の女性達は、着飾り、目立つ存在であることは社会的に受け入れられるものではありませんでした。学びの場でも常に主役は男性で、女性は就学期間が終われば、仕事よりも結婚をし、結婚したら家庭に入るのが当たり前であった時代、今よりうんと少なかった働く女性たちは、アクセサリーやお化粧、洗髪やネイルアートなどとは無縁でした。いつも地味で、男性の陰に隠れている存在でなければならなかったのです。しかし時代の流れと共に、男女平等が謳われ、女性の社会進出が活発化すると、華やかで、明るい印象を与えることが重要視される時代へと変わってきたのです。
むしろ、アクセサリーやお化粧は女性にとって武器となり、女性らしさを全面に押し出しながら社会で生きていくことが、良いとされる時代になりました。そしてむしろそれらのことは、女性ならば持たなくてはならないマナーへと変わってきたのです。
男女が平等でなかった時代、女性なのだからと言われていた頃とは違い、女性だからこそしなければならない、そして女性だから楽しめるマナーが現代には存在します。
アクセサリーやお化粧、ネイルアートや髪染めが今現在、社会で必要とされている、この事実が何より、女性が今や社会的に必要とされ、活躍をとげている時代であるということを物語っています。