金買取写メール査定
gold-coin1
gold-coin2
選ばれる6つの理由

高額買取事例

アメリカ・20ドル金貨 13万円

買取価格 130,000円

[アメリカ・20ドル金貨]

イーグルプラチナコイン 7万8千円

買取価格 78,000円

[イーグルプラチナコイン]

インディアン金貨 12万円

買取価格 120,000円

[インディアン金貨]

カナダ・100ドル金貨 4万円

買取価格 40,000円

[カナダ・100ドル金貨]

カナダ・メイプルリーフ金貨 14万5千円

買取価格 145,000円

[カナダ・メイプルリーフ金貨]

クルーガーランド金貨 12万5千円

買取価格 125,000円

[クルーガーランド金貨]

パンダ プラチナコイン 15万5千円

買取価格 155,000円

[パンダ プラチナコイン]

パンダ金貨 3万6千円

買取価格 36,000円

[パンダ金貨]

メイプルリーフ プラチナコイン 15万5千円

買取価格 155,000円

[メイプルリーフ プラチナコイン]

ロンドンオリンピック公式記念コイン  15万円

買取価格 150,000円

[ロンドンオリンピック公式記念コイン]

/
宅配保険が0円

銀座本店

【住所】 〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目12番17号錦光ビル4F

【電話番号】 03-6228-5343

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

大阪店

【住所】 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1丁目1番13号 東邦ビル3F

【電話番号】 06-6125-5551

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

渋谷店

【住所】 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-13第2小林ビル7階

【電話番号】 03-6805-0308

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

新宿店

【住所】 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-18-4

【電話番号】 03-5990-5878

【営業時間】 11:00〜19:00(19:00以降も電話でご予約があれば受付いたします。)

選択できる3つのプラン

宅配買取サービスは、ご自宅でスムーズに手間なく買取する事が可能です。送料や手数料、買取キットなどは弊社で全てご負担させていただくので無料で、全国どのエリアでも買取が可能となります。他社の買取査定金額に納得いかなかった方はお気軽にご連絡下さい。

業界に熟練された鑑定士がお客様にお待ちいただく事がないように一品約5分程度でスピード査定を行います。スピードだけではなく、丁寧に一品ずつ査定を行い、適格な買取査定金額をご提示致します。買取査定金額に納得頂けた場合には、その場で現金をお支払致します。

業界に精通し信頼のある鑑定士がご指定されたご自宅で、査定・買取を行う出張買取サービスも行っています。お忙しくあまりお時間が取れない方や買取してほしい品物が多い方は電話を一本で出張買取が可能ですので、是非ご利用下さい。その際にかかかる手数料や査定料金は全て無料です。

自宅でできる、宅配買取の手順

簡単にお問い合わせフォームよりお申込みする事ができます。フリーダイヤルでお申込みをされる場合は、弊社スタッフが丁寧で分かりやすいようにご説明しますのでお気軽にご連絡下さい。
受付完了後に弊社より宅配キットをお送り致します。買取ご希望の品物を梱包して、運送会社や最寄のコンビニなどから、弊社までご発送して下さい。
宅配キットにてお送り頂いた、お客様の品物を経験と信頼のある弊社の鑑定士が一品一品丁寧に尚且つ、素早く査定させて頂きます。
買取査定が終わりましたら、お送りいただいた品物の買取査定金額などの査定結果を弊社スタッフよりご連絡します。買取査定金額に納得頂けた場合にはすぐにご指定のお振込み口座にご入金させて頂きます。

弊社では汚れや傷、破損しているお品物でも買取は可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。ただ状態の良し悪しで買取査定金額に差が出ますので、日頃よりメンテナスや保管方法を心掛けるだけで、買取価格はUPします。

 色がくすんでいる
 片方しかないピアス
 金歯
 急須
 喜平ネックレス
 金杯
 貴金属コイン
 傷がついている

お客様の声

宝石買取
プラチナ買取

金貨買取について

金は加工がしやすい貴金属であること、そして科学的に安定しており、錆びたり腐ったりしないことから、貨幣の素材として使われてきました。金を素材に作られた貨幣、金貨は古来より世界各国で流通してきました。
その独特の美しい光沢と、希少価値の高さから、金によって作られた金貨は大変価値のあるものとされてきたのです。そんな金貨に、近年最注目が集まっています。ここ最近の世界的な情勢不安や、経済不況から、人々の投資への関心は、実物資産へと移り変わっています。
証券や、株などの資産は信用問題が多発してきた背景や、将来的に安定した資金として保有できる保証がないことから、資産運用のリスクを避ける為に、世界的にモノとして裏付けられる資産に投資の形が変わってきているのです。金貨は、いつの時代も多少の変化はあれど、その価値がなくなることは決してありません。
金貨は実際に市場で現在使用されている円などの貨幣と違い、特定の国だけで使われるものでは現在はありません。そのため、価格は安定しており、円等の金銭と同等の価値を持っています。金が希少価値が高く、大変高価なものである、という考えは世界共通であるのもこういったことからでしょう。また金貨が実物資産として保有するのに良い点は、維持するのにお金がかからなこと、そしてサイズが小さいため自宅でも場所をとらず保管することができることです。通常の生活環境であれば、錆びたり腐敗したりすることのない、強い貴金属のため、取扱も簡単です。
ご自宅に眠っている金貨をお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな金貨をぜひ買取にだしてみませんか。現在も金貨の買取価値は安定しており、買取市場でも高値がつけられる代表的なものです。
眠っている金貨を買取に出すには、金貨が実物資産として再度注目を集めている今が絶好のタイミングです。金貨の買取査定は、買取専門のお店にお願いしましょう。確かな査定力で、必ず納得のいく高価買取をしてもらうことができるでしょう。
またご自宅の金貨がいくらくらいの価値があるのか調べてもらうだけでもかまいません。ご自分の資産がいくらなのか知ることができます。買取店で提示された査定に納得がいかなければお持ち帰り頂いてもかまいません。金貨を買取に出される際には、ゴールドファンをぜひご利用ください。ゴールドファンでは金貨を高価買取り可能です。是非お気軽にお持ちください。

金貨買取なら高価買取り実績No1のゴールドファンへ!
金の価格はここ数年で一気に値上がりし、現在は落ち着き初めていますが、それでも以前と比べて価値が高騰しているというのは言うまでもありません。
お手持ちの金貨を高値で売却してほしいとご要望があれば、ゴールドファンに一任して下さればお客様を後悔させません!
種類問わず金貨を高値で買取させて頂きます。

金貨の売却を検討中なら、ゴールドファンをご利用下さい!
金貨という文字だけを見ると馴染みがないように思いますが意外と所持している方は多いのです。オーストラリアで発行されているカンガルー金貨カナダで発行されているメイプルリーフ金貨、オーストリアで発行されているウィーン金貨など、世界で流通している金貨の多くは純度が非常に高いことでも有名です。高純度の金貨は市場価値が高く買取業界でも注目されています。ゴールドファンでも先に記した高純度の金貨は当然ながら、純度が少し劣ってしまう金貨でも喜んで買取り致します。お客様が満足してお売り頂ける環境は整っておりますのでゴールドファンへお任せ下さい。

お客様の口コミ

カンガルー金貨が家族のマイカーになりました。 妻が出産し、これから幼稚園の送り迎えなど色々と車を使う機会が増えそうという事でマイカーの購入を検討していました。せっかくなら7人乗りの大きいファミリーカーが欲しいと決まったのですが、予算を上回ってしまいました。そこで独身時代オーストラリアで働いていた時に貯金感覚で集めていたカンガルー金貨を売ることを決めたのです。ゴールドファンを知人に紹介してもらって早速、査定をしてもらいました。金貨の枚数はここでは控えさせて頂きますが、純度が高いという事で凄く高額で買い取ってもらえることになりました。おかげさまでマイカー購入の夢を叶えることが出来ました。この度は有難うございました。

お客様の口コミ

祖父の想いを未来に託すことが出来ました。ありがとうございます。
私の祖父の趣味は世界各国の金貨を集める事でした。その祖父が他界する前に「この金貨がお前に託す。大事に残すことはない。家族の幸せの為に使いなさい。」と唯一の孫である私に託してくれたものなのです。
そんな私も大人になり、結婚し、子供が生まれ25年の年月が経ちました。我が子も結婚し、今の家を二世帯住宅に改築する事になり祖父が残してくれた金貨を売却する事にしたのです。祖父が残してくれた通り、家族と子供の新しい家族の為に使うことが出来て本当に良かったと思っております。一から相談に乗って頂き、高額査定をして下さったゴールドファンのスタッフの皆様、本当に感謝しております。

お客様の口コミ

詳細な査定の内訳を出してくれるので安心できました。
他の業者さんも何件か見積もりを出してもらったんですが、大まかな査定額しか提示してくれなかったのですがゴールドファンに限ってはきちんと詳細な見積を出してくれたので買取りを依頼しました。他の業者さんよりも高い査定額でしたし接客も親切・丁寧でとても満足しています。
最初は金貨を売ることを迷っていたのですがゴールドファンさんなら!という想いで踏み切ることが出来ました。今では本当に買取してもらって良かったと思っています。これから金貨の買取をお考えの方がおられましたらゴールドファンさんをオススメします。必ず満足できると思います。また何かご縁がありましたらご利用させて頂きますので宜しくお願いいたします。

お客様の口コミ

予算よりも高額で大満足です。金貨ってこんなに高く売れるんですね。
若いころに世界中を旅する中で色々な金貨を集めておりました。やはり金貨ということで少し値段は張りましたが思い出と記念という事で割りきって数多くの金貨を集めることが出来ました。
日本に帰国した後は仕事があまり上手くいかずに行き詰まってしまい、苦渋の決断で金貨を売ることにしました。純度の高いものもあれば低いものもあったのですがゴールドファンさんにお願いした所、自分の予想よりも高く買取して頂くことが出来ました。中には傷などがある金貨もありましたが、快く買い取りして下さいました。形はなくなりましたが世界中を旅した思い出は僕の心のなかにありますので、この資金で再出発をしたいと考えております。その門出を後押ししてくれたゴールドファンさんに感謝です。

金貨の歴史

金貨は、金で作られた貨幣です。日常生活では触れることの少ない金貨ですが、その歴史は大変古いと言われています。
銀貨や銅貨と並んで、古来より世界中で使われてきました。金貨の特徴は、美しく黄金色の光沢を持っていること、希少価値が高く偽造が困難であること、柔らかい性質上加工がしやすいこと、日常環境では腐敗や錆びが起こらず化学的に安定していることなどがあげられます。
何より見栄えが良い金は大変良品として扱われ、古代ローマ時代にさかのぼるまで古い時代から世界各国で貨幣の原料として使われてきました。しかし、とても純金は、流通のための貨幣として加工するには性質上あまりに柔らかいため、純金のみでの使用はできません。
そのため、一般的に金で貨幣を製造する場合は、銀や銅又は他の貴金属と混合して用いられることが多いです。現代では、日本も含め各国で、ひとつひとつの貨幣の1割が銀、銅又は他貴金属が混合されています。イギリスにおいては、金含有率92%の22Kを使って、1817年からソブリン金貨が製造されました。
中世のヨーロッパでは、金貨は製造されることはなく、儀礼用に他の国や地域から齎される金貨が流通するのみでした。その後、1250年代イタリアはフィレンツェにて、フローリン金貨が作られたことから、ヨーロッパにおける貨幣制度が始まりました。その30年ほど後、同じくイタリアのヴェネツィアでドルカート金貨が製造され、以上2つの金貨が貿易に使われてきました。そこから、ヨーロッパにおける今日の貨幣経済が構築されてきたのです。金貨は貨幣として世界的に流通し、その後貨幣としての価値のみでなく、金そのものが物質として経済と連動してきました。
ここから金本位制が展開されてきたのです。金本位制はイギリスで1816年に確立しました。金本位制がなくなった現在では、本位金貨は作られていません。金貨は現在、主に通貨型金貨と収集型金貨に分けられます。通貨型金貨は、補助貨幣とされ、我が国日本においては10万円と5万円の記念金貨が過去に発売されています。
流通量は非常に少なく、他の国々では通貨型貨幣はほとんどつくられていません。収集型金貨は、地金の価格で発売されます。この価格は固定されています。市場に出回った場合の売買価格は、コレクターや貨幣商の市場価格によって決定されます。オリンピックなどの世界的に記念となる大会や、国家的に大きなイベントや行事などを記念して発売される金貨もこの収集型金貨にあたります。

日本の金貨歴史

日本において金貨の歴史は大変古く、その昔現金として使われてきた歴史を持っています。わが国日本において、初めの金銭は淳仁天皇の時代、西暦760年にさかのぼります。開基勝宝と呼ばれる金銭がそれにあたり、その価値は金銭1枚が銀栓10枚に相当したと言われています。
しかし、この金銭や銀銭はその当時あまり流通しませんでした。中世に入るまで、金銭と銀銭は秤量貨幣とされていたのです。砂金のまま使われることも多々ありました。産地が偏っていたことが原因で、銀銭は西日本を中心に使われたことに対し、金銭は東日本で主に流通したのです。銀に比べ、金は定位貨幣の先駆けとして製造されていきました。
その後、戦国時代に入り、甲州金が作られました。豊臣秀吉によって作られた天正大判は、流通貨幣として取り扱われることはありませんでしたが、2004年にトロイオンスのウィーン金貨が発売されるまでの長い間、世界最大級の表面積を誇る貨幣としてその名を歴史に刻んでいます。その後、江戸時代に入り、全国に流通するようにと本格的に小判が製造されるようになります。一分判などの定位貨幣が、幕末ごろまで継続して製造されていいます。その一方で、銀貨は秤量貨幣として当初作られたものの、江戸時代が終わる頃になり初めて定位銀貨として流通することになり、金貨からかなりの遅れをとったのでした。近代に入り、明治時代になると現代もなお使われている通貨単位、円が導入されます。
これは金の量目をもって規定されました。1円から20円までの金貨の縁が1871年に発行されます。金貨との引き換えができる保証として、国立銀行券や日本銀行券などの紙幣は価値を有することとなります。そして1897年に貨幣法に定められた新しい金貨は、5円、10円、20円の3種類のみとなりました。その際、古い金貨は額面上倍額で通用されることとなりました。
以後、本位金貨は発行されていません。新旧本位金貨は1988年に施行された法律によって正式に廃止されました。昔はこのようにお金として使われてきた歴史をもつ金貨ですが、経済不況や債券不振にともなう実物資産傾向から、再び注目されることとなりました。自己資産を金貨と言う形に変え、保有することに注目が集まっているのです。
現金としてではありませんが、現在も金貨の需要は無くなることはありません。また、現金として用いられていた時代の金貨は、収集家達の間で人気であり、買取市場でも高値で取引されます。

投資用金貨

オーストリアのウィーン金貨ハーモニーや、カナダのメイプルリーフ金貨、オーストラリアのカンガルー金貨に代表される24金からなる投資用金貨を地金型金貨と呼びます。これは、世界の数カ国において、政府によって発行された法定通貨です。その発行元である政府によって、品位と重量が保証されている公式なものです。
例に挙げたものは、いずれも、純度ほぼ100%を誇る24金によってつくられていますが、他に22金で作られたものもあります。アメリカのイーグル金貨や、イギリスのブリタニア金貨がこれにあたります。この投資用金貨とは、別に金貨には収集型金貨というものもあります。収集型金貨は、記念金貨や古金貨などのことを意味し、金貨のコレクターからの人気の高さによって価格が決められます。収集型金貨は、金貨の価値に加え、デザインや希少価値も価値を決める上でのポイントとなっています。金の含有量やサイズなど性質的な価値が同じ金貨でも、これら収集型金貨は、投資用金貨より高値がつけられることがほとんどです。さて、投資用金貨に話を戻しますと、投資用金貨にはその純度によって、24金のものと22金の2種類のものがあります。24金は純金ですが、22金は銅や銀が8%混合されています。
24金の金貨は純金であるため、美しく良質な価値を持ちますが、性質上柔らかすぎる為傷がつきやすくなります。一方22金の金貨は、他貴金属を混合することにより強度があげられています。22金の金貨は、24金の金貨と同等量の金が使われています。よって、22金の金貨の方が少々重量があります。投資用金貨の売買についてですが、金相場に連動した市場価格で日々価格が変動します。地金商や、金属精錬会社のお店などで売買が可能です。一般的に価格は、店頭での小売価格と、店頭買取価格からなり、同等量の金地金より高くなります。
その理由は、金貨の製造や流通などにかかる費用が上乗せされているためです。その変わり、手数料はかかりません。小口の投資の場合は、通常、金地金に比べ、投資用金貨は投資のコストを抑えることができます。そのため、重量がある金貨はより1枚あたりの値段の製造コストが低くなります。最も効率よく投資が可能なのは1トロイオンス金貨でしょう。
また、金貨を売却するにあたっては、変形や傷、へこみなどがありますとマイナス査定となり、地金再生買取価格といって通常より安い査定がついてしまいますので、日頃より丁寧に保管しておくことをお勧めします。

金貨の購入は今

皆さまの中には金貨の購入をご検討されている方もいらっしゃると思います。現在金貨は大変注目を集めています。
購入するには今が絶好のタイミングになります。ここに金貨について簡単にご紹介します。加工がしやすく、錆びたり腐ったりしないという特殊な性質をもっている金は、貨幣の素材として古くから使われ続けてきました。金を使って作られた貨幣である金貨は、長い間世界各国で用いられてきたのです。
金のもつ美しい輝きと、高い希少価値は、世界共通事項であり、金貨が大変価値が高いものであると取り扱われてきました。現在は、現金として使用できる金貨はなくなったものの、再び注目を集めています。近年取り沙汰されている全世界的な情勢の不安定や、経済不況によって、人々の資産投資は実物資産傾向へと移行しています。
そこには債券や株式などに資産を投資することでは、過去に起きたあらゆる信用問題などから、将来的に安定した資金が約束されないという考えが広まってきた背景があります。このリスク回避として、モノとして確実に保有しておくことができる実物資産へ投資しようという動きが世界的に広まってきたのです。貴金属の王様的存在である金によって作られた金貨は、時代が移り変わっても、いつまでのその価値が変わることはありません。
金貨は市場で現在流通している貨幣とは異なり、全世界共通の価値として通用するものです。常に安定した相場価格を持っており、円やドルなどの金銭に並ぶ価値があると言えるでしょう。金の希少性と、高価であるという認識は世界のどの国でも変わらないからです。またここまで述べたこと以外にも、金貨を保有するメリットがあります。まず、金貨は大変小さく軽いことから自宅で保有しておくのに、場所もとらず手間もかかりません。ごく普通の生活環境で保管しておけば、腐敗や錆びがおこることはありませんし、特に特別な手入れなども必要ないため、保管は簡単です。
もし今、金貨の購入をお考えの方がいらっしゃいましたら、早めのご購入をお勧めいたします。金は常に相場が安定している貴金属ですが、今後前述のように世界中で需要が増え続けると、価格が多少高騰してくる可能性は十分に考えられます。希少価値も需要が増えると上がり続けるでしょう。実物資産として金貨を保有する人が増えてくると、その分金貨の価格は上がってしまいます。将来のためにも、資産運用を金貨という形にしてみませんか。